誤飲と誤食

今年も残すところ一か月となりました。

12月はクリスマスやお正月の準備などワクワクするイベントが盛りだくさんですね!

今回はこの時期に増える誤食・誤飲についてお話します★

 

誤食・誤飲に要注意!

そんな危険な事態が増えるのが、イベントが多発する年末です。

12 月は、クリスマスのプレゼントやオーナメント、お正月飾りなど、日頃は見かけないものが増えたり、そうしたイベントで出されるご馳走など、わんちゃん、ねこちゃんたちにとって興味の惹かれるものばかりになります。また、来客が増えいつもとは違う環境で落ち着かずいつもと違った行動を取ったりなど、飼い主様の目の届かないところで思いがけず事故が起きてしまいます。

特に好奇心が旺盛な子犬や子猫の時期は誤食誤飲が起こりやすいので注意しましょう。

 

危険なものとは?

異物として胃の中に留まるもの、腸に詰まってしまうもの、食物による中毒などがあります。

ぬいぐるみの綿や、ラッピングなどについているリボン、チョコレートやネギ類、アルコール、チキンの骨のように硬いもの、尖っているもの など…

症状としては、食欲不振、元気がない、嘔吐・下痢などの消化器症状、呼吸困難やけいれんなどの神経症状が出る場合もあります。また、チキンの骨など硬いものや尖っているものは食道や胃を傷つけたり、異物が胃や腸に詰まり閉塞を引き起こす原因にもなります。

 

誤食・誤飲をしてしまったら?

内容によっては毒性のものや、無理に吐かせては危険なものがあります。

誤食・誤飲をしてしまったら、

・何を

・どれくらいの量を

・どのくらい前の時間に

食べてしまったか、飲み込んでしまったか、を確認し、 病院に連絡しましょう。

 

予防や対策は?

プレゼントやオーナメント、お正月飾りであれば、飾ってあるものが減っていないかどうか、ちぎれていないかどうかをこまめに確認し、食事中はケージや別室に移動させることをおすすめします。また、食べてはいけないものを口に含んだ時、慌てて取り出そうとすると取られまいと反射的に飲み込んでしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

誤食・誤飲を防いで、冬のイベントを安全に楽しみましょう!